新しい住まいでは地震対策に注目しよう

新しい住まいでは地震対策に注目しよう

住まいの地震対策として、家具なども考えることが必要です。

住まいを作る際には耐震強度を考えて建築するために住まいが地震で倒壊するということは、最近の住宅においては、ほとんど無くなって来ているのではないでしょうか。しかし、どんな頑丈で家が潰れなくとも、地震によって家は当然揺れます。家が揺れるということは、家の中の家具が移動したり、倒れたりすることは、当然あります。また地震によってキャスターつきの家具などに関しては、倒れることはないで移動をしてきます。そして、移動してくる家具ほど恐ろしいものは無いはずです。特に椅子やテーブルなどにキャスターが着いている場合、移動だけでしたら、移動してきたものを受け止めることをすることが可能なのですが、一番危険なのは、家具によってベランダ窓やテレビなどの家電製品やガラス製品に当たって破損させた場合、床一面が危険な状態になり歩けなくなる場合もあるし、下手をすれば家具が外に飛んでいく可能性もあります。したがって、キャスターつきの家具などは、通常でも動かないようにしていくことが大切です。

また、地震対策のために家具やキャスターつきの家具を固定していても危険はあります。それは、家具の上の載せてあるものに関しては、地震によって当然落ちてくるはずですので、高い場所に割れ物などを置いておく事は非常に危険です。住まいの中であれこれと指摘をしていたら、普通の生活をすることができなくなるかもしれないけれども、出来るだけ危険性のある物を減らしておくことが重要であり、地震対策の一つでもあります。

オススメのサイト