新しい住まいでは地震対策に注目しよう

新しい住まいでは地震対策に注目しよう

住まいの地震対策について

日本は地震大国です。いつどこで地震が起こってもおかしくありません。うちは大丈夫、と油断せず、日頃から地震対策を行っておくべきでしょう。地震対策はまず家庭の住まいから気をつけたいものです。大きな地震が起きると、建物は大きく揺れ、室内に設置してある家具などが転倒することがあります。小さい地震でも置いてある物が落下する可能性があり、物によっては破損したり、その破片で人が怪我をするということもあります。ですからなるべく、地震が起きても物が落下してきて危ない状況を防ぐようなインテリアを心がけるのがよいでしょう。

住まいでは大きな家具や電化製品は転倒すると非常に危険です。大型の地震ではこれらが転倒して人が下敷きになったり、壊れた破片で怪我をするという事故が多く出ます。地震対策として大きな家具や電化製品は転倒防止の対策を行いたいものです。例えば、家具、冷蔵庫、ピアノなどは転倒を防ぐ金具が市販されているので、壁などに固定すると家具が安定します。本棚は本棚自体を固定するほか、本が落下してこないようにブックエンドをつけると安心です。食器棚も揺れた時に扉があいて食器が落下してくることがあるので扉の開閉を防ぐ道具を取り付けると安心です。照明器具は揺れやすく、落下してくる可能性があるので照明を固定したり、蛍光管が外れないようテープなどで固定するのが安心です。窓ガラスが割れてその破損で怪我をする事故が起こりやすいので、飛散防止効果のあるフィルムを貼るなどして対策をしましょう。

オススメのサイト