新しい住まいでは地震対策に注目しよう

新しい住まいでは地震対策に注目しよう

住まいの地震対策について

私は、東日本大震災で多くの人が亡くなり地震による津波は怖いなぁと改めて実感しました。私の家は、海からは離れていますが、地震対策はしないといけないと東日本大震災で思うようになりました。というのも、阪神淡路大震災では地震による家具などの転倒で多くの人が命を落としたからです。そこで、まずは住まいの地震対策グッズについて調べてみました。最初に、地震で倒れてきたら命の危険があるタンスの転倒を防ぐグッズです。一つ目は、転倒防止用の接着マットがあります。これはタンスだけではなく、家具の下に敷くだけで家具が滑ってくる事を防ぎ、転倒しにくくしてくれます。二つ目は、突っ張り棒です。これをタンスと天井の間に固定するだけで家具が転倒しにくくなります。さらに突っ張り棒でも、バネが入っていて揺れを軽減してくれるものまでありました。どの突っ張り棒も簡単に取り付けできる物のようでした。また価格も千円前後で買えるものが多かったので、お金をそんなにかけずに地震対策ができます。

次に地震で割れると危ないガラスについてです。ガラスの飛散防止グッズもたくさん有りました。これは、簡単に貼る事で飛散を防止するシートが売られていました。値段も千円以内で買える物も多くあり、地震対策だけではなくUVカット機能まで付いたシートが売られていました。そのため、地震対策だけではなく夏場にも使えると思います。以上の事から、住まいの地震対策には沢山のグッズがあり、しかも簡単にできる物が多かったので我が家も早くグッズを購入しようと思います。

オススメのサイト