新しい住まいでは地震対策に注目しよう

新しい住まいでは地震対策に注目しよう

自分の住まいに地震対策をしましょう

近年は大きな地震が多いです。2011年にも大きな地震があり、その影響で多くの家が倒壊してしまいました。倒壊まではいかなくても、部分的に壊れてしまったという家も多いでしょう。今後も日本で大きな地震が起きる可能性は高いと言われています。そのような事態が起きたときに、安心していられる自分の住まいがあれば良いですよね。そのためには地震対策を行うことがとても大切です。私の住まいも昨年地震対策として、耐震工事を行いました。耐震工事は3ヵ月ほどで終わり、家の柱や壁が強化されました。これで大きな地震があっても倒壊する心配は無いでしょう。家族もとても喜んでしました。このように、今後は住まいの地震対策を行うことが必要不可欠です。

自分の住まいに地震対策を行う場合は、まず耐震工事をすることが大切です。費用はかなり掛かってしまいますが、その分家の強度がとても上がるので大きな地震が起きても安心でしょう。次に、家具が地震の揺れで倒れてこないように固定することも大切です。例えば背の高い棚や冷蔵庫は、突っ張り棒を天井との間に設置して転倒を防止しましょう。また、重い物やテレビなどはなるべく低い位置に置くようにするべきです。その他に地震が起きた際に危険なものの1つが窓ガラスです。窓ガラスが割れて怪我をしてしまうというケースも十分考えられます。そのため、窓ガラスが割れたとしても破片が飛び散らないように飛散防止フィルムを窓に貼ることが重要です。このように住まいに地震対策を行いましょう。