新しい住まいでは地震対策に注目しよう

新しい住まいでは地震対策に注目しよう

住まいの地震対策をするにはどうしたらいいのでしょうか?

住まいでの地震対策は考えたら無限に出てきます。まず真っ先に家に備蓄をするという事ですよね。これはよくテレビなどでも報道されています。どの位の物をどれだけ必要かなどです。実際住まいで地震が起きた時に想定される事はどんなことで、普段からどのようなことに気をつけていけばいいでしょうか?思いつくのはまず家具の固定ですよね。それから寝る時に大事な物は枕元に置いておきます。寝室は特に家具などの上に物を置いておくと地震の時に飛んできて危ないです。

大事な貴重品も持っているといいでしょう。後は意外と役に立つペットボトルの水です。大体三日はもつそうなので水を常に水道水でもいいので入れておきます。それからこれも基本的なことですが、家具の固定、地震が起きた時に部屋から出られるかなど普段から気をつけたい事は沢山ありそうですね。冷蔵庫なども地震用の突っ張り棒などで支えて倒れるのを少しでも遅らせるようにしましょう。倒れてしまうかもしれなくても支えがあるうちにそこから逃げる事ができます。物はドアの傍に置かずに、ドアをふさがない様にする。以前地震ではなくともトイレに閉じ込められた方がいましたよね。ついつい日常的に忘れがちな事が多いですが、各自再点検をしてあらゆる想定をしておく事が大事かと思います。うちも毎年災害用のリュックなどの点検は欠かさずにしております。それから一番いいのはお住まいの耐震構造を改めて見直すことです。調査してくれる機関がありますからそういうプロに見てもらうのもいいかもしれませんね。

オススメのサイト